染色工芸作家 慶昴
        トップ
プロフィール 作品紹介 イベント コーディネート お問い合わせ
 
作品紹介「小物」   ご購入について
       

ここでは、皆様がきものをオーダーするときの参考になさっていただけるよう、お客様に協力していただき、実際に制作するきものを、打ち合わせからお披露目まで密着レポート致しました。
「きもののオーダーってどうすればいいの?」「○○の時に着るきものなんだけど、どんな風にしよう?」「私に似合うきものって?」などの参考にしていただければ、と思います。
そしてここでは、私、慶昴がどんな事をするのかを順を追って紹介させていただきます。

1.お客様からのご依頼
まず、お客様がいつ、どんな時にお召しになりたいきものかをお伺いします。
今回はお琴の演奏会で舞台の上でお召しになるきものをオーダーされました。
そして、帯は以前私が制作した、藤の柄の帯を締められるということで、帯も引き立ち、お客様も舞台栄えする帯とお対の藤の柄をデザインすることにしました。
2.デザイン画
きものの全体のイメージを縮小サイズの雛形に描くか、実物大の図案を描いてお客様に見ていただきます。
次に、柄のイメージに合う白生地を選んでいただくか、私にお任せいただきます。
今回は実物大の図案を描きました。 縮小サイズの雛形
3.下絵見せ
お客様の寸法に仮縫いしたきものに藍花(気に入らない場合はまだ消せます)で下絵を描きお客様自身に羽織っていただき柄の確認をしていただきます。
上記のご注文からデザインの重さ(多さ)又は、私の仕事の込み具合にもよりますが、大体2〜3週間かかります。
こんな感じになりますよー! なんて、和気藹々と柄合わせです。
さてそれから、地色を選んでいただきます。
あらかじめ、私が、帯にも合い、お客様にもお似合いになる地色はご提供します。 その上でお客様自身着てみたいお色をご相談します。イメージがたくさん膨らんで楽しいひと時・・・。
4.糸目糊置き
地色も決まり、作業開始!
仮縫いを解き、下絵通りに糸目を引いていきます。
糸目とは・・・紙と違って布は色を置いた時滲みます、滲んだ色と色が混ざらないように色の縁を糊で囲んで防ぐ為のものです。
5.糊伏せ
地色を染めるとき柄の中に色が入らないように、ガードさせるための作業です。
6.地染め
生地によって地色の出方が違ってきますので、お客様のおきものの、残り布に色試しをし て、微妙な色具合を調節していきます。
地色がお好み通りに染め上がらないとすべてが台無しです。一番気を使う所ですね。好みの色に調整できたら、色の発色がよくなるようにまず、地入れと言う作業をして乾かします。
そしてその後、染に入ります。
私の場合1度で最終段階の色見まで持って行かず、2度3度と染めては乾かし染めては乾かしをして、色を重ねて深みと品を地色に持たせます。
地色が品良く染まるかどうかでお召しになった方の肌の色がきれいに見えるか、くすんで見えるかが決まってしまうので緊張と体力の要る工程ですね。
7.蒸し、水洗
地色を定着させガードのため伏せた糊を洗い流します。
8.色挿し
私のセンスの見せどころ、1番楽しい作業に入りました。
お客様がお召しになったお顔を想像しながら糸目の中に色を挿していきます。藤の花に命が吹き込まれる瞬間です。
9.蒸し、ドライ、水洗、湯のし
蒸して、柄の中の色を定着させ、糸目糊を落とし、生地の風合いを取り戻す為水洗いして、蒸気で皺をきちんと伸ばし、生地の幅を整えます。
10.仕上げ
このおきものの場合は、藤の花に立体感をつける為、金線仕上げ、花のにおい葉のしべなどに彩 色を施しました。
この段階で刺繍を入れたり金箔を置いたりする場合もあります。
11.お仕立
お客様の寸法に合わせてお仕立てします。
12.納品とコーディネート
 
こんな風にお客様がお持ちの小物と合わせて、舞台栄えも考えてコーディネートします。
帯ときものもすごくあっていますね。
もちろん、お客様にも大変似合っていて喜んでいただけました。本番が楽しみです。
13.お披露目・・・「をこと展」
こ演奏もすばらしかったけど、お召しになった姿も大変すばらしくて・・・!
めでたしめでたし・・・。

- 商品に関するご質問は下記までお寄せください -
染色工房 慶昂
E-mail:keikou@dentou-kougei.com


DENTOU-COUGEI.COM